空想世界の猫旅

海と塔と猫



夕暮れの海、浜辺の遺跡で白猫が2ひきくつろいでいます。

オレンジ色に染まる水平線に吸い込まれるように、遺跡の柱群が遠くまで続いています。

その先には塔のようなものがあり、猫がずっと眺めています。

海水は苦手なので今は無理ですが、いつかテーブルの模様のように海を渡る猫になりたい。

そう考えて日の沈む先を眺める猫と、そんなことにはまったく興味はないので

ぐっすり眠るもう1ぴきの猫。波の音だけが聞こえる

静かで穏やかな海と猫の景色です。

スポンサーサイト



木漏れ日の猫

neko3neko

街にあったいくつもの大樹のふもとまで行くと

大きな木が森のように集まってひとつの大樹を形成していました。

木々の細かな隙間から溢れる木漏れ日がとても神秘的です。

ここにも猫がいます。まだ子どもの猫が森(大樹)の中を見上げて何かを探しています。

はるか上空を飛ぶ鳥たちを探しているのか、それとも

とどきそうにないほど高く遠い木のてっぺんを眺めて何か考え事でもしているのか。

ずっと見ていたくなる猫と光の景色です。

大樹の街の猫



いたるところに樹齢も計り知れない大樹が生息している大きな街。

街の真ん中を運河が通っていて、その上をまたぐように広い庭園があります。

そこで白と黒の猫が仲良く遊んでいます。

あんまり塀のそばで遊んでると落ちてしまわないか心配です。

白猫が塀の上から大樹を見ています。

街を抜けてあの大樹のふもとまで行ってみたくなるような

2ひきの猫が遊ぶ景色です。

遺跡の森の猫

neko1

遺跡の森に一軒の家。周りにはハーブなどの植物がたくさん植えてあり、

家の裏では水車が動いていて、人が暮らしているようです。

遠くにはピラミッドのような建物があり、あちらこちらに神殿跡が残っています。

猫は、そのちょっと離れた遺跡の冷たい石階段で涼んでいるみたい。

時々、家の方を見て何かを確認しています。

もうすぐ帰ってくるご主人様の帰りを待っているのでしょうか。

大自然や壮大な世界観を感じながらも

のんびりと過ごしたくなる猫のいる景色です。

このカテゴリーに該当する記事はありません。